上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!
今更ですが、去年のトルコ・イスタンブールでの旅の写真を載せます。
大雑把ではありますが、興味のある方は是非お付き合い下さい。
今までにモロッコ、だったりインドだったり全くヨーロッパじゃない所にも行ってきましたが、今回も何だか面白い経験が出来ました。
良い味のあるイスタンブールでした。だけど個人旅は常に要注意です。

到着後翌日、町を散策。気付いたら丘の上にいて、ここからの眺めは少々気の感じが日本っぽい感じがしました。遠くにモスクが見える感じがなんとも言えません!
20131110_120300.jpg
海の方へ下っていき、何やら人が沢山。
20131110_121247.jpg
モスクに初めて入ってみる事に。勝手に入って良いのか悩んだ末、人に混ざって入らさて頂きました。この入口の幕をくぐって入り、中はやはり神聖な空間。何だか自分が地球の裏側に行ったくらいに、別世界の空間でした。
20131110_121433.jpg 20131110_122432.jpg 20131110_121704.jpg
この日は偶然なのかあちこちでトルコの旗が。宮殿が開放してあって、中に入れました。海はキラキラ光って綺麗でした。
20131110_123400.jpg 20131110_123548.jpg
20131110_123643.jpg 20131110_123818.jpg 20131110_123930.jpg
中へ進んでいくと人だかりが。中に入れるそうだったので、この人ごみに混じって入る事にしました。中はゴージャスでした。
20131110_124633.jpg 20131110_130305.jpg
20131110_132141.jpg 20131110_132551.jpg
街の中心部の一つ、タクシム広場。ホテルはこの近く。ホテルも沢山あり、大通りも近くにあり便利な所です。空港からの直行バスもこの広場のすぐ近くまで来ます。しかし初めてここに着いても、方向感覚の良いはずの僕は、さすがにイスタンブールには負け、迷いに迷ってしまいましたが、通りがかりの人に助けられながら何とか到着しましたが…。
20131110_143109.jpg 20131110_143256.jpg 20131112_123350.jpg 20131112_123354.jpg
コンクール会場。コンクールの演奏最中でも、外からのモスクから聞こえてくるお祈りが響いてきたのを今でも覚えています。懐かしい!
20131111_083158.jpg
コンクール初日の夜に食べたトルコ料理。お肉が、これが意外と美味しい!ちょっと辛みがあるのもなかなかハマる美味しさでした!
20131111_193938.jpg
街中で見かけたトルコアイス。独特の盛り方が有名ですね。
20131111_224303.jpg
街の中心にある大通りにて。ここは観光客も沢山、そしてお店が沢山あり明るい所です。レストラン・ショッピングもここで全て済みそうな所です。一人で歩いてると、結構な確率でトルコ人に話しかけられます。「たばこの火をくれ」とやってきて、わざとらしく「日本人なんだ」と話が流れ、話しかけてきた人みんな日本へ行った事があると…本当でしょうか(笑)。
20131112_123634.jpg 20131112_123737.jpg
トルコのケバブ。世界で有名ですが、流石に本場は違う。まずこの大きさから圧倒されてしまいました!
20131112_124510.jpg
大通りの中辺り、教会に辿り着きました。印象はアラブ系のイスタンブールかと思いきや、ここはヨーロッパ的な教会でした。色んな物が混ざり合っている街です。
20131112_125226.jpg 20131112_125537.jpg 20131112_125558.jpg
大通りの終わりのでみたトルコ国旗。
20131112_130658.jpg
夜の飲み屋さん。
20131112_223238.jpg 20131112_223546.jpg
コンクールでの練習室。
20131114_093222.jpg 20131115_190031.jpg
ガラタ塔に上りました。イスタンブールが一望でき、モスクが沢山。世界は広いなと、何とも言えない気持ちになりました。
20131114_165954.jpg 20131114_171123.jpg
てくてくもっと歩いていくと川に着きました。ここでは多くの人が釣りをしていました。
20131114_172548.jpg
そし有名なブルーモスクへ到着です!この時は怪しいトルコ人コメディアンと出会い、ナインティーンナインや高田純次と知り合いだと言い始め、一応証拠の写真も見せてもらいました(笑)。この存在感は別格で、ただただ感激してしまいました。
この辺りは日中でも結構しつこい路上で物を売る人たちにからまれたり、あまりいい感じではないそうで、行く場合はトラムウェイでその近くまで行くのが無難だと思います。この時は時間も遅く、コンクールで出会った友達といたので問題ありませんでしたが。
20131114_180947.jpg 20131114_182305.jpg 20131114_182726.jpg
日中にまたブルーモスクの中に入りたかったので、2度目のブルーモスク。
20131115_131825.jpg 20131115_132254.jpg 20131115_133717.jpg 20131115_134157.jpg 20131115_134900.jpg
グランドバザールへ向かう途中にもまたモスク発見。
20131115_141036.jpg
有名なグランドバザール(市場)到着。売っている物は、特別これと言った物はありませんでした。もっともっと賑わってどんちゃん騒ぎを期待していたけど、全く普通のアーケードの商店街でした。意外とよーく見てみると、怪しい名前のものも売ってました(笑)!
20131115_141210.jpg 20131115_141457.jpg 20131115_142322.jpg 20131115_144321.jpg
最後に、心配していた食べ物は全くもって問題なし!どれもおいしい物ばかりでした☆値段も手ごろでちゃんとした物が食べれました。
20131117_141355.jpg

細かい事は書かなかったけど、本当に面白い所でした。何だか後からじんわりとくる街です。
根は良いお国柄なんだろうけど、レストランとかでも、ちょっと僕が「日本人」だと言うと、店員さんとかの感じは良いのに、最後の会計後に勝手なチップを取られたりしました。チップはこの国も客が心添えとして置くもののはずなのに、最初からおつり全部とられたり…あとは偽札扱いを受け大きな札が使えなかったりと色々ありましたが、今となっては面白い思い出です。ただ野犬や野放しの猫なんかが街中に普通にいるのは驚きでした。
また行きたいなーーー!!!
2014.03.07 Fri l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!

年が明けてからあっという間に時間が経ち、もう2月です。皆様如何お過ごしですか。
最近のパリ近郊は、去年に比べると気温はそれ程低くないので、とても助かっています。
さて、前回のブログではイスタンブールの国際コンクールでの事を書き、次回は写真をアップしようと思っていたのですが、結局アップしないまま時間だけが経ってしまいました。
きっとそのうちアップしますので是非お楽しみに!
年末年始は日本で過ごし、いつもの様に家族はやっぱりいいなと心から思い、心の栄養、お腹の栄養もたっぷり蓄えパリに戻ってきました。

先日ポルトガルの第2の都市ポルトでコンサートでした。今回は音楽の相方リカルドとMusicOrbaとしてです。何度もポルトガルに来ているのに、実はここでのコンサートは何と初めて。前回僕がここで演奏したのは2006年のコンクール以来。一体、お客さんは集まるのかと2人で心配してたら予想とは反対に、開場からたった5分でお客さんで溢れ、制限で会場に入れなかった人達が大勢いたらしく、それに怒ってちょっとした騒ぎになりそうだったとか。申し訳無い限りでした。ポルト市文化大使にも喜んで頂けたのも嬉しかったです。
きっと次回はもっと大きなホールで開かれることを期待します!
1623771_810245812334711_1637157390_n.jpg 1724251_10153807547085077_419947727_n.jpg

今日は久しぶりに僕の演奏動画をYouTubeに3つアップしたので、ここに載せます。全てイスタンブールでのものです。
一つ目はコンクールの表彰式ガラコンサートの模様がテレビでライブ中継ので放送された時のものです。(この動画は僕自身の部分だけです。)
「もし名前が呼ばれたらそこで1曲演奏」と前もって言われてたものの、結果発表でさえ物凄い緊張なのに、その上テレビ生放送付きとなると、今まで弾きこんだカンパネラもちょっと冷や汗でした;
でもこのコンクールのお陰で、自分の普段の仕事と自分の本来のピアノが評価された感じで少し自分に自信が戻ってきた出来事でした。
素晴らしいステージ、そこで出会い仲良くなった参加者、ハイクオリティなオーガナイザーに感謝です!

あと2つは1次予選の映像です。
この国で演奏した第1曲目はバッハ。最近はバッハをつまらない、嫌いだとか言って演奏される機会が少なくなってきた様な印象があるのがありますが、僕にとってはいつまでも神様です。さて、この演奏如何でしょうか

そしてバッハから時間は飛び、こちらは現代のステファン・ブレ。

そのうち写真など更新していきますので、どうぞ今年も宜しくお願い申し上げます。
それではまた!
2014.02.03 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
この度、トルコのイスタンブールで初めて開催された国際コンクールで3位を受賞する事が出来ました!!
1463734_593125450754828_1903694280_n.jpg
数年前に、もうコンクールなんて出ないと決めていたけど、今回は人生最後のコンクールと思い挑戦たら、見事ご褒美を頂けました。感謝感謝です。
コンクールは書類審査で選ばれた24人が1次審査に出場権が与えられ、1週間かけて審査されました。
フランスで仕事を初めて以来、以前程、自分のピアノの時間が無く、練習時間の確保が難しく、そんな自分が嫌で、それでも短い中で集中練習、と同時に不安も沢山でしたが、こうして久しぶりに結果が出て本当に本当に嬉しいです。
最後のガラコンサートは沢山のお客さん、そして沢山のテレビカメラで生放送の中、審査結果発表と演奏ととても緊張感のあるものでした。
下の写真はライブで流れていたものをリカルドが写真にしたものです。
1472972_10153524527505077_705857243_n.jpg
お客さんにもとても感激してもらえて、弾きに来て良かったなと思いました。式典の後は会場に聴きに来ていた方々、地元の小さなピアニストたちなどと写真撮影。「You are the BEST for me!!」と言われると、嬉しすぎて目がウルウルしてしまいました。
式典後に審査員長Stéphane Blet氏と。
1451350_10201452595571694_529994972_n.jpg
続いて左から著名なピアニスト、審査員のSüher Pekinel氏とAyşegül Sarıca氏と一緒に。
20131117_214958.jpg
そして1位を受賞したBurak Çebi氏と。
20131117_214446.jpg
コンクールは主催者の方々も超親切、参加者も皆フレンドリーでとても良い雰囲気でした。
今回は駆け足で名所だけ観光したので、次回はもう少しゆっくり観光出来たらなと思います。
最後に、僕をいつも支えてくれた人達に、この場を借りて感謝申し上げます!

次回はイスタンブールで回った時の写真を載せようと思います。
今日はコンクールのご報告にて失礼致します。

コンクールサイトの結果のページ

こちらの現地サイトから式典の様子が動画となって見れます。

式典が始まる寸前のカクテルの様子。お客さんはほとんどホールへ向かっていて、この時は人はもう既にあまりいませんでしたが。
20131117_193935.jpg
ホール内。イスタンブールでは由緒あるホールだそうです。
20131117_190436.jpg

式典後のホール入口。
20131117_221426.jpg
2013.11.19 Tue l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!
今回は先月20日から22日まで2泊でまたポルトガルへ行ってきました。
今回も旅行ではなく、「TEDx Feira」に出演するためでした。
皆さんは「TED」をご存知ですか?TEDとはGoogleで検索すると、「アメリカのカリフォルニア州ロングビーチで年一回、大規模な世界的講演会を主催しているグループのこと。 TEDが主催している講演会の名称をTED Conferenceと言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。」と説明されています。
世界のあちこちでの都市で開かれている、講演会です。その町、国の何らかの著名者が出演しプレゼンテーションします。
今回はピアノデュオMusicOrbaとしての相方リカルドが彼の地元でTEDが開かれる事になり、スピーチを頼まれ、それと同時にデュオで演奏する事になり、演奏してきました。

まずはポルトに着いてから早速食べる幸せな瞬間!ポルトガルに来ると、ついつい何でも食べてしまうのが危険です(笑)。
942777_10153288718885077_1969145942_n.jpg

さて、演奏中の姿です。ビデオは後日Ted公式サイトに公開されるとの事です。
535006_423500321087335_483438993_n.jpg 601558_420478991389468_1021852718_n.jpg 1379781_642594822429476_2057921264_n.jpg
演奏後の休憩中にて。今回は写真をご覧の通り、演奏に加え後ろの映像と共に演奏しました。映像はリカルドの友達Mafalda Cruz氏と。とてもオリジナリティー溢れる映像で、美しかったです。映像と演奏タイミングも本番ではピッタリあい、3人とも大満足の出来でした!
1231280_10201046798227014_1326376124_n.jpg

講演の合間の団欒会(?)にて。地元の伝統お菓子等が並びます!ここでもアジア人一人、喜んでいる人がいたのは誰もが気付いた事と思います!笑
20130921_115412.jpg 20130921_115537.jpg 20130921_121402.jpg

短いながらも所要でポルトに行きました。
20130921_161209.jpg
懐かしい場所。2006年、僕が留学2年目になる頃に参加したポルト国際コンクールで演奏したホールと安いホテルです。
20130921_162948.jpg 20130921_163311.jpg
ホテルは市役所の広場に面してます。ここには僕の知る中で1番ゴージャスなマクドナルドです!
20130921_163208.jpg 20130921_163421.jpg
サン・ベント駅。ここは駅の中の壁には約2万枚からなる青タイルの絵が有名なのですが、今回は中まで入らず写真撮らなかったので、次回はきっと!
20130921_163532.jpg
しかし今回はサンフランシスコ教会を約7年ぶりに入りました。さすがにここは目が飛び出る程素晴らしい。
ここには「キリストの木」があり、その教会内の像の木工細工は言葉にならない程のものです。ここも中は写真禁止。残念です;
20130921_165423.jpg
ポルトと言うとこの地域の写真が1番有名でしょうか。ドウロ川にかかるドン・ルイス1世橋。
20130921_172656.jpg
この近くにある5星のホテル前に面白いアンティークな車がずらりと並んでいました。
20130921_172741.jpg 20130921_172905.jpg

もっと時間があれば色々な写真を撮り紹介出来てたのですが残念。
さて、演奏動画もアップされたらまたご紹介致します。
それではまた!
2013.10.21 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!
お久しぶりです。

今日はこの夏の終わりにやっと行った、モネの家へ行ってきました。
そこまではパリから電車でVernonまで行き、そこから観光バスでGivernyへ向かいます。
行きはどう言う訳か、Vernonに着く時間と出発の時間を勘違いし、パリのサンラザール駅に着いてタイムテーブルを見ると、電車が無い…あれれと良く落ち着いて考えてみると…とビックリしましたが(笑)、運良くチケット売り場で交渉。優しいおじさんがチケットを変えてくれました!

この夏パリは天気、気温に恵まれ、この日もとても天気の良い暑い日でした。
印象派画家のクロード・モネが晩年過ごした家がそのまま見学出来ます。
恐らく人で混雑しているだろうと予想し、入場券は前もってネットで購入しておいて、正解。お陰で全く待たずに、別口からすんなり入場出来ました。
20130823_142334.jpg
モネの家の前のお庭。何とも広い庭に、沢山のお花が咲き誇っていました。
20130823_121503.jpg 20130823_121728.jpg

モネの家が見えます。家の中は入る事が出来、基本の浮世絵やらなんやら色々な物が飾られているのですが、残念ながら中は写真禁止。
20130823_121751.jpg 20130823_121912.jpg
家の中の上の階から庭の写真を撮りました。しかし1枚の写真では入りきりません!
20130823_122735.jpg 20130823_125420.jpg 20130823_125806.jpg
ついでに僕が写っている写真も。
1234392_10200864950760941_755203893_n.jpg

散歩を続けます。
20130823_125846.jpg 20130823_132650.jpg

庭から地下通路を通ってもう一つのスペースへ行くと、竹林、「睡蓮」のモデルの池、そして太鼓橋(?)に出会えます。何と情緒溢れ美しい事!
20130823_133013.jpg 20130823_133327.jpg 20130823_133617.jpg 20130823_134202.jpg 20130823_134230.jpg 20130823_134238.jpg

ここは「睡蓮」を思い出されます…。
20130823_134040.jpg 20130823_134340.jpg 20130823_134725.jpg

とても気持ちが良いです。これは日本風ですね。
20130823_134820.jpg 20130823_135109.jpg 20130823_140221.jpg

バスの時間までまだあったので、Givernyを歩いてみました。
静かなホッとする村です。ここはモネや他の画家たちが集った所。記念のプレートがありました。
20130823_152331.jpg 20130823_152315.jpg

モネの通りです。
20130823_152950.jpg

村の教会。その横にはモネが眠るお墓に出会いました。
20130823_153836.jpg 20130823_153234.jpg

最後に僕と一緒に。
1173617_10200889335770551_1641662187_n.jpg

パリから少し出るだけで、心が安らげる所が沢山あります。
今回も本当に行って良かったなと思いました。
是非パリへ来る際は是非!

それではまた!!!
2013.10.20 Sun l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。