上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!
またいつものように、お久しぶりです。

今年のパリの夏は例年に比べてとても天気の良い日、そして気温も上がり、夏らしい日が続きました。
それでももうすぐ9月。
先月までは普通に夜の10時でも真っ暗ではなかったのが、今ではもう暗いので、長い冬が近付いてきてるのかなと思うこの頃です。

さて先月7月の終わりから8月にかけて、1年ぶりのポルトガルへ行ってきました。
去年はコンサートで。今回は自分の録音のためです!
今回はその事を書こうと思います。

さて、今回の旅は前から決まっていたのですが、寸前に僕の滞在許可証の更新のために出発寸前に航空券変更。
2度目の変更で無事に出発。

リスボン空港に到着し、出口のゲート通り外へ出て行くと、誰かが呼んでいる…と振り返るとポルトガル人ピアニストで、昔はリーズ国際コンクールで優勝し現在も世界でコンサートをしているArtur Pizarro氏でした。
直接会った事もないけど、お互いネットで知っていたので、彼はゲートから出てきた僕たちに気付いてわざわざ声をかけてくれました。彼はアメリカから人を待っている最中だったようです。
IMG_0684.jpg

さてホテルに着き、水を買いに近くのスーパーまで歩きます。
59497_10151494379741076_332318170_n.jpg

眺めが最高です。
20130727_113916.jpg

大型スーパーで昼食。パッと見、どって事ないですが、これが美味しい!
左はパスタ。そして右は日本で言うトンカツです。
20130727_123738.jpg

ついでに他の日の昼食に食べた、フランセジーニャです。ポルトガルの北部で特に有名なポルトガル料理で、日本の食パンの間にお肉、ソーセージやチーズが挟まって上に目玉焼き、そして特別なソースがかかって食べます。最高です。
20130728_141929.jpg

さてここからはピアノの話。
着いた初日。昼食後、今回録音で使うピアノを試し弾きしにリスボン郊外のアトリエに行きました。
今回録音で使うのは、クララ・シューマンが使っていたピアノと同じものらしく、とても130年以上経っているピアノを使用しました。
なかなか手に馴染むまで、時間がかかりました。現代のピアノとタッチが違うので、普段以上にテクニックが必要であったりしましたが、音色は年季を感じるものでした。
1016954_10151492639046076_1372566853_n.jpg IMG_0714.jpg

さて録音開始。
場所はリスボン国立コンセルヴァトワールのホールです。
20130729_115927.jpg

入口を入ると、ここにも貴重な古いピアノが保管されていました。学校を少し見学。歴史を感じます。
20130731_134704.jpg 20130729_114126.jpg

下の写真はホール前におかれてたピアノです。
20130729_120338.jpg

ホール外のロビーの一角にて。
20130729_120443.jpg


さて、録音会場のホールの天井です。
20130731_140755.jpg

ホールの感じです。
IMG_0839.jpg IMG_0930.jpg

録音開始です!
IMG_0798.jpg IMG_0766.jpg IMG_0765.jpg


どんな感じに聞こえているか録音チェック。
IMG_0898.jpg IMG_0888.jpg IMG_0804.jpg

楽譜ももう1度チェック。
IMG_0794.jpg

記念に1枚。
IMG_0884.jpg

出来上がりが楽しみです!
60425_10151835403245628_1654943862_n.jpg


今回のCDと一緒に出る、ショートドキュメンタリーのためテレビカメラがやってきました。
カメラマンさんに写真撮られるのは慣れましたが、インタビューは改まったしまって正直苦手です。
答えた後に、質問に的を射てたかなと感じる事があり、なんだかインタビュー後に後悔したりもしました;
でも、皆さん感じの良い、真面目な方々で、とても良いインタビューにしてくれそうな予感です。
971379_398480596922641_1057608913_n.jpg 1170901_403628289741205_719556734_n.jpg

そして、CD用の写真を撮りました。
1150246_401356963301671_1019823810_n.jpg IMG_0850.jpg IMG_0858.jpg

今回録音した作曲家はポルトガルのロマン派の作曲家で、ポルトガル国歌を作った人です。
実はまだ独裁体制時代等のせいで、世に出ていない(正式に楽譜出版されてない、正式に録音された音源がない)ものが山ほどあるそうです。
そこでポルトガルのある音楽雑誌から誘いで僕のCD録音のお話を頂きました。
曲は少々サロン風ではありますが、とても美しく、シューマンに近い雰囲気が漂います。
今回は1集12曲からなる曲集を2つ、合計24曲録音しました。これからも録音が続く予定です。
その作曲家の銅像と。
IMG_0967.jpg

最後に録音に協力頂いた皆さんとポルトガルレストランで夕食。
20130802_203943.jpg 20130802_225211.jpg
皆、僕より年下と聞いてビックリ!皆さんに感謝!!!
20130802_211426.jpg


リスボン滞在中、ここには全ては載せてませんが、沢山の方々とお会いしました。作曲家、ピアニスト、チェリスト、ジャーナリストなど。
今回はその中で、ポルトガルで日本好きの人向けの雑誌を作っているジャーナリストさんとリスボンの日本のお菓子屋さんでお会いしました。
数年前から何度かタクシーで通って、気になっていたお店。遂に入店です。
20130730_173534.jpg 20130730_193144.jpg

ここには心のこもったお菓子が食べられます。メニューにはアンパン、クリームパン、カレーパンなど色々!そして「日本」のカステラもここで食べられます。
今回は小倉と抹茶のアイスなどを頂きました。
ヨーロッパで1番のお店です。本当に美味しくて感激しました。
次回からリスボンに行ったら、必ず寄りたいお店になりました☆
20130730_181023.jpg
リスボンを発つ前日にここで、クリームパン4つ、アンパン、カレーパン、そしてカステラを予約し、翌日リカルドの実家へお土産として買いました。
IMG_0973.jpg

さてリスボンにいる間、久しぶりにずっとお会いしたかったピアニストと再会出来、レッスンして頂きました。彼のレッスンはもう数年ぶりです。
今回はバッハから始まり、リストとリゲティのエチュード、そしてラフマニノフの楽興の時などを聴いて頂きました。
世の中には有名な先生、ピアノの弾ける先生、素晴らしい先生は沢山いますが、彼の様に「自然」な音楽の伝授し方には、僕のパリの恩師に繋がる物があり、今回もレッスン中に涙が出そうな位、マジック的なレッスンでした。
1016961_10151505414526076_49860703_n[1]

ポルトガル人の画家さんとも会いました。面白い!
1000892_10200698531720569_1778724058_n.jpg

昼食後、コンセルヴァトワールへ戻る途中で1枚。
46888_10200706462278828_1241651284_n.jpg

コンセルヴァトワール近くのレストランでお昼にイワシを頂きました!
20130731_130041.jpg

街の中心にあるアイスクリーム屋さん。現在世界で1番美味しいと言われる程の評判のアイスは、アイスは勿論、上にのせるクリームも最高に美味しかったです!
IMG_0824.jpg

街中で少し撮った、リスボンの写真。
20130730_172516.jpg

現在41度!!!
20130730_132201(0).jpg 20130729_143815.jpg

丘の多く、リスボンの路面電車…リスボンらしい1枚。
20130729_143433.jpg

今回リスボンでインタビューされたものが記事になりました☆
935885_402283019875732_1311383625_n.jpg 1175403_10200789838283176_850715165_n.jpg

さてここからはリカルドの故郷、サンタ・マリア・ダ・フェイラに行きます。
この続きはまた次回!
それではま☆
スポンサーサイト
2013.08.25 Sun l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/97-000f8519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。