上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは☆

すっかり前回の更新から2カ月…。

まず今回の東日本大震災で被災された皆様、そしてご家族の皆様に、心からのお見舞いを申し上げます。被災地域の1日も早い復興をお祈り致します。
この震災が起こった時は僕は所用でフランスはMontpellierモンプリエに滞在中でした。
朝ネットを開き、まず「mixi」の友達の「つぶやき」を見ると地震があった事を知りました。
日本だし地震くらいあるとその位の気持ちでいたら、ニュースを見ていくと、ただ事では無い様子…。
異国にいながら、地震の起こった時の映像などを見ているだけで、涙が溢れてきました。
言葉になりませんでした。
日本人と言うだけで色々な方々から僕の家族は無事なのか、という事をとても心配されました。
今、自分も周りの人々も無事で、普通にいつも通り生活出来ている事を感謝しなくてはと思う日々です。
改めて一刻も早い復興をお祈りするばかりです。

ここからは私事ですが、今月から久しぶりに演奏ステージが多くなりそうです。

今週末は3日間ドイツ・ケルンへ行き、僕のパリとは違うもう1人の師匠に、演奏会前の仕上げとしてアドヴァイスを頂きてきます。
1日休んでポルトガルの首都リスボンへ。
実はこのポルトガル出発前日のその日にパリで知人が集まってチャリティーコンサート開催予定で参加予定でしたが、これからの予定がきつかったので今回はキャンセルさせて頂きました。
一部宣伝が先にいってしまった部分があるそうですが、またの機会に参加出来ればと思います。
リスボンでは4月12日19時から、2度目の国営ラジオAntena 2「アンテナ2」でリサイタルです。
Antena 2 コンサート案内
(上のサイトを開いて、ページ上にある紫色の再生ボタン「OUVIR RADIO」から再生可能です。)
この演奏模様はライブ中継でラジオ・インターネットのAntena 2のサイトから同時にお聴きに頂けます。
日本時間では4月13日朝3時からですが、もし起きている方がいらっしゃいましたら、お聞き頂ければ嬉しいです。
プログラムは
ベートーヴェン/ソナタ第21番作品53「ワルトシュタイン」
プロコフィエフ/ソナタ第7番作品83「戦争」
休憩
ブルネ/ファド・ブルネ
スメタナ/フラン チェコ舞曲集から
シューマン/謝肉祭作品9
と結構盛りだくさんなプログラムかと思います。
プロコフィエフは恐らく約4年ぶりに演奏です。スメタナとシューマンはまだ新しい曲なので、どんな演奏になるか楽しみです。
ラジオ生放送での演奏と言う事で、相当緊張するかと思いますが、余計な事を考えず、とにかく集中して弾けるよう心がけようと思います。

その翌日はパリへ戻る予定でしたが、去年9月にポルトガル人ピアニストのリカルドと演奏したSantarémサンタレンでチャリティーコンサートのお話。
その前回よんで下さった財団の方が、急遽提案して下さった事で、4月14日にリカルドとチャリティーコンサートを開く事になりました。
入場料収益を全て日本の赤十字へ送られます。

そこでのプログラムは
平井康三郎/「幻想曲」さくらさくら
中田喜直/「日本の四季」より2曲 (連弾)
ブルネ/ファド・ブルネ
平井康三郎/「荒城の月」の主題による変奏曲
休憩
モーツァルト/ソナタK.381(連弾)
シューベルト/ファンタジー(連弾)

となっております。
日本にちなんで、今回は僕は日本の曲を演奏予定です。
ポルトガルでは、日本の地震・津波など常にトップのニュースでずっと取り上げていて、あの温かいポルトガル国民もとても心を痛めていたそうです。
この財団の方はポルトガル人ですが生まれは日本だそうで、彼自身何かできないかと考えたそうです。
本当に日本は世界から愛されている国だとここにいて感じる事が出来ます。

パリへ戻ってきて数日後の4月20日、パリ日本文化会館でコンサートです。
パリ日本文化会館コンサート案内
その翌日21日はロンドンへ日帰りで行って演奏してきます。

25日からはアフリカ大陸ではないですが、アフリカの西側にある島国、カーボヴェルデ共和国へ行ってリカルドと2つのコンサートの予定です。
この国はポルトガル圏で、コンサートはポルトガル大使館により招待を受けて行ってきます。
多くの国もそうですが、ポルトガルも今丁度1番景気の悪い時期ですが、それでも催し物を行ったりと、人々と交流があって、素晴らしいなと思います。

約1週間の滞在予定で、パリへ戻ってきてから1週間後、今度はチェコ・プラハへ行く予定…

と、このようなスケジュールで、一気にこの1カ月に何故か事が集中してしましました…
それででも演奏出来る所はどこまででも弾きに行きますので、緊張と共に楽しみです!

自分の人生・どこでどう変わるかは誰も分からないと思うので、出来る時に精一杯頑張ろうと思います。

最後にMontpellierモンプリエの写真を少し載せます。
初めて行った所ですが、特別大きな町ではないですが、とても魅了溢れる町でした。
DSC01412.jpg DSC01413.jpg DSC01433.jpg DSC01436.jpg DSC01455.jpg DSC01460.jpg DSC01465.jpg DSC01471.jpg DSC01475.jpg DSC01481.jpg

それではまた☆
スポンサーサイト
2011.04.05 Tue l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/68-3bb4e951
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。