上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!

前回の更新から相当長い事経ってしまいました;
みなさん、お元気ですか?
7月のパリは例年以上に異常に暑い日が続き大変でした;
実家・札幌は涼しい事を願っていましたが、結局こちらも暑いですね。

先月は無事ポルトガル・リスボンで演奏して、その後、僕の誕生日をリカルドの家族、親戚に温かく祝ってもらいました。
その後はパリに戻り、エコールノルマル音楽院・スコラカントゥルム音楽院の試験のコンチェルトの伴奏をしたりしていました。
特に年々試験の結果に色々不信が問われるエコール・ノルマル音楽院は今年も色々起きていました。
アルフレッド・コルトーから続くフランスの伝統的な音楽教育が守られてきたこの学校も、数年前から試験にいつも審査員長として座るD・L氏が試験の選抜し方や、学校の動かし方が年ごとに沢山の悪い問題を色々な聞き、昔から受け継がれてきた良い面を、その彼が自分の思い通りしようという印象を受け、良いピアニストに習えても、結果がこれではと学校を離れて行く生徒がどんどん増えてきているようです。それでも昔から有名なこの学校はアジアからも毎年多くの留学生で溢れています。
今年は特に、多くの知人がひどい目にあったので、非常に残念に思ってなりません;

今月は僕が留学中1番の猛暑に加え、快晴の空の日が長く続き、夜も寝苦しい日が続きました。
しかし7月14日フランス革命記念日の日は珍しく朝から雨。シャンゼリゼでの行進をテレビで見ていましたが、徐々に強くなる雨で、濡れていく軍人さん達は可哀そうに見えました;日中は今日に限ってどうしたんだという程の嵐にちかい荒れた天気になりましたが、夜はころりと晴れて、革命記念日らしいパリでの花火を見る事が出来ました。
パリの花火は時々、ドビュッシーを思わせるような部分もあって、とても魅力的でした。


さて、日本へ戻ってきてから早くも2週間が経ちました。
7月30日は名古屋・伏見電気文化会館・ザ・コンサートホールという素晴らしいホールでのソロリサイタル、そしてその2日後8月1日はまた名古屋の歴史ある徳川美術館の講堂でポルトガル人のリカルド・ヴィエイラ君との日・葡修好記念のデュオのコンサートがあり、無事どちらも終わりました。
聴きに来て頂いた方、お仕事を休んで聴きに来てくれた方、東京・大阪から来て下さった方々は勿論、遠くから応援してくれていた方々、本当にありがとうございました。
今回は札幌から母も聴きに来て、そのうえ小学校の僕の先生も聴きにわざわざ来て下さいました。
初名古屋で、見知らぬ所でのコンサートホールでのコンサート。
今回はいつも以上に緊張したせいか、休憩中に生まれて初めてコンサート中に腹痛を味わったけど、コンサート終わった後は大丈夫でした!
このソロリサイタルはパリで本当にお世話になり、熱心に僕を応援し続けて下さっている、ピアニストでもなんでもない方(と言っては良い方が失礼ですが)の御好意によって開催する事になったコンサートでした。
たった一人のこの方のお陰でコンサート企画が始まり、約400人入るこの素敵なコンサートホールで多くの聴衆を集めて開いて下さった、このKさんに心から感謝致します。
後援は「親和楽器」様、全日本ピアノ指導者協会様、そしてポルトガル大使館様をはじめ、協力はエール・フランス様、ホテル・ロッティ・パリ様と、個人開催のコンサートにこれだけの方々が後援なさって頂けて、そして周りで僕を支えて下さった方々に本当に感謝です。
リカルドとのコンサートにもしっかりお客様が集まり、とても温かなコンサートとなりました。
だいたい連弾をすると聴衆の方々はそのデュオが本当に素晴らしかったとおっしゃって下さいます。
今回もシューベルトの幻想曲を演奏し、アンコールにブラームスのハンガリー舞曲の6番を。コンサート終わったー!と一息ついてたら、嬉しい事に客席から手拍子があり、最後はブラームスのワルツから15番を演奏してコンサートは終了しました。
コンサート後は、徳川美術館の方々の好意でポルトーワインを用意して頂いていて、本当に親切な方々ばかりでした。

名古屋はさすがに暑く、その後京都で2泊。やっと高校の時修学旅行で行けなく、日本人として胸を張れなかった夢が叶いました!
サウナと日焼けサロンに頭の上で火事でも起きている様な、本当に蒸し暑い気候。それでも京都では昼飯も食べずに観光しました。
金閣寺、清水寺、平等院鳳凰堂、西本願寺、東寺、三十三間堂などを回りました。
京都の後ははに大阪を半日観光して関空から帰ってきました。
先日は中島公園を散歩し、札幌コンサートホール・キタラを見たり、リカルドとボートに乗ったり、大通り公園で北海道のとうもろこしを食べたり。
そして、兄とリカルドと3人で登別伊達時代村へも行ってきました。
特別広くないけど、とても雰囲気のある建物やそこで働いている人たちの生き生きしている事!想像以上にとても楽しかったです☆でも今年はどこもハチが多いようで、昼飯中もブンブン周りで飛んでて大変でした。
その後は登別温泉の地獄谷を見て、札幌へ戻り、すぐに札幌ドームの日ハムと楽天の試合を応援!
前から4列目・1塁側のとーーーーーっても良い席のチケットを頂き、僕も初めての札幌ドームでリカルドと思いっきりはしゃぎ、その後は名残惜しくも途中で抜けだし、家族と久しぶりに外食し帰りました。

やっぱり日本は良い所ですね。

最後にリスボンの写真を少し載せます。
今度ゆっくり日本の写真を載せようと思います。

35306_1445463411467_1079583370_1279794_6072808_n.jpg 38393_1445462651448_1079583370_1279789_4468985_n.jpg 35284_1445455491269_1079583370_1279753_7703925_n.jpg 38961_1445455091259_1079583370_1279750_1822600_n.jpg 34519_1445457611322_1079583370_1279764_7750456_n.jpg 38271_1445456411292_1079583370_1279758_7188353_n.jpg 35316_1445454211237_1079583370_1279743_6770185_n.jpg 35113_1445453851228_1079583370_1279740_2423005_n.jpg 35244_1445454851253_1079583370_1279748_5050933_n.jpg
それではまた!
スポンサーサイト
2010.08.09 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/62-d0a0f428
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。