上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは。

なかなか更新せず、1か月。

ご存知の方もいると思いますが、現在札幌です。
もう日付では明日札幌を発ちます。
そのあと、東京で4年ぶりや1年ぶり等の色々な知人と久しぶりに会う予定で、その後すぐパリへ戻ります。

パリへ戻ったら3日後にパリで比較的小さな教会でリサイタル。
ショパン等が当時弾いてたプレイエルのピアノでバッハとショパンを演奏予定です。

その次の週はパリの郊外でオルガンの方と、そして僕のソロ、そしてチェロとのアンサンブルでのコンサートです。
ここでは僕は、以前主催者の方に気に入って頂いたバッハを、このホールにはリストの肖像画もありリストの演奏を依頼され、そしてこの演奏するピアノは、あのパデレフスキが寄贈したピアノだそうで、かなり古いのですが、せっかくなのでパデレフスキの小品を1曲演奏予定です。
その他はブラームスのチェロとのソナタだと、かなり渋めのプログラムです。
その後も公開ではないものの、パリで演奏を、その後は南フランスで室内楽版のショパンのコンチェルト2番と、急遽これも主催者から頼まれ、ムソルグスキーの展覧会の絵を全曲演奏予定です。
その後はヴァイオリンとの録音のため、リハーサルなどが増え・・・という感じです!
とりあえずこの2か月は今までにないスケジュールで、毎週違うプログラムなので、いったいどうなるんだろうと思いますが、一つずつ楽しんでこなそうと思います!

パリや近郊にお住まいの方は6月6日(土)パリで、それか14日(日)の郊外での演奏会でお会い出来るのを楽しみにしております。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

下の写真は5月12日に開かれたAnimatoの時の出演者の写真です。
この時は、亡くなられたJanineさんのオマージュのコンサートでした。
僕は亡くなった彼女も凄く褒めて頂いた、いつも僕が弾くショパンのノクターンを演奏しました。
たった5分くらいの曲ですが、会場からは熱い拍手と歓声で嬉しい反応でした☆
コンサート後の打ち上げ後も、リビツキー先生にも「君は本当に素晴らしいピアニストだ」と僕を抱いて、喜んで下さいました。
先生はいつも彼女といたようなものだったので、今回の事で先生も相当のショックを受け悲しまれていました。
また先生が元気になってくれるのを願おうと思います・・・。
Pianistes-2.jpg
スポンサーサイト
2009.06.01 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(1) TB(0) l top ▲

コメント

演奏会
演奏会いかがでしたか。
コメント待ってます
2009.06.05 Fri l 琴音です. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/45-045fc2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。