上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは☆

先週は無事初ドイツ・ケルンから帰ってきました。
友達と一緒に行き、その友達の紹介でピアニストで出会い、ついでにレッスンを1日僕達のためにしてくれるという素晴らしい予定だったのですが、結局不運にもこのピアニスト、挨拶しに行ったその日の夜、悪いものを食べたらしく次のレッスン予定日は病院へ運ばれてしまい、レッスンをしてもらえず帰ってきました。
それでもケルンの町を存分に味わって帰ってきました。
写真も撮ってきたので、興味のある方はこちらからご覧になってください。
戦争で町はほとんど破壊されてしまったそうで、今は日本の様な現代的な建物が多かったです。
しかし、唯一残ったケルンの大聖堂は有名で、非常に大きい姿は圧巻でした!

ドイツから帰ってきた次の日の朝は学校CNRdeParisで録音。
少々訳があって、録音させていただきました。
さすがフランスの国がやっている学校だけあって、録音費用はゼロ!そしてなんと3時間以上も僕1人に時間を与えてくれました。
ホールを使ったりもして、なんて条件の素晴らしい学校なんだと思いました。
Chopin/Sonata op.35-1, 3 et 4 movements. Nocturne op.27 no.2
Schumann/Traumerei
Mussorgsky/"Il vecchio castello" extrait de Tableaux d'une exposition.
Mendelssohn/Duetto
Ravel/Pavane pour une infante défunte.
Scriabin/Vers la flamme op.72. Etude op.8 no.12
等です。CDの仕上がりが楽しみです☆

今月は、というか今年はずっと色んな事がありすぎですが、この4月中は結構疲れました・・・。
良い事は、いつもまでも長く続かないのが普通なようで、学校の事や、人間関係、そして勿論ピアノの事で色々と良く考えた時でした。

今日は祝日メーデーで、フランスではスズランの花を好きな人やお世話になった人等に贈るのが習慣で、贈られた人は幸せになると言われているそうです。
なので今年も僕は、願いを込めて大事な人にあげました。

そして今日はショパンのお墓を見に墓地に友達と行ってきました。
この墓地はパリにあり、ショパン・ロッシーニ・ドラクロワ・バルザック等、音楽家や作家など様々な人のお墓がある所です。
ここに行くのは実はもう10年ぶり。
この墓地自体に今日はかなりの人の多さ。その上、ショパンのお墓の周りは次から次へと沢山の人がやってきました。
僕は何故か今日、このショパンのお墓を見てから急に体調が悪くなってしまい、一時苦しかったのですが、墓地を出ると良くなりました。

何か嫌な気配がしたなと思っていると、不運な偶然が重なりました。
エコールノルマルのリビツキー先生のクラスに在籍していた時に、いつもとても明るく親切な、そして元気ない時は励ましてくれた方です。結構お年なマダムがいたのですが、今日突如交通事故で亡くなったと。
トラックの下敷きになってしまったそうで・・・。
同じ門下だった子から聞かされましたが、もうみんなショックでした。
彼女はいつもリビツキー先生のクラスの時、いつも聴きに来て、先生と一緒に仲良くいた方でした。
僕がある日上手く弾けなかった時でも、いつも彼女は僕の演奏に何故か満足なようで、「今日の演奏、あなた自分でどうだった?上手くいったでしょ?」といつも笑顔で聞いてきて、僕がいつも「いや~今日は上手くいかなかった。」とかマイナスな事を言うと彼女は「なんで、どこが!?」と言ったりもしました。ある時は「Oui(はい)と言いなさい!」とちょっと真面目に怒りそうにもなったりもしました(笑)。
いつも明るく、気にかけてくれた彼女が、急にこの世からいなくなったとは考えられません;
パリの車の運転は本当に荒いです。
いくら自分が気を付けても運悪く、巻き添えを食ってしまう事もあっておかしくない町だと思います。残念ながら。

もう今は悲しすぎます。

もう2度とこの様なことが起きない様に、運転するほうも、歩く方も十分に注意を払うべきだと改めて思いました。
事故で命を落とすのは、言葉になりません・・・。

彼女のお母さんも今年亡くなられたそうで、お母さんを追って行ったのかなと想像して、ゆっくり休んで欲しいと思います。

別れる前に1度ちゃんと会いたかったです・・・。

ではまた。

ショパンのお墓の写真。
DSCN7100.jpg
スポンサーサイト
2009.05.02 Sat l 日記,Diary,Journal l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

こんにちは[e:734]
こんにちは 琴音ですスケジュールを見ると、すごく大変に思いましたでも、ショパンやブラームスなどを本場で弾かれるなんてとてもうらやましいです私も早く外国に行きたいと思いました。ショパン等の曲何を弾くか、教えてくださいね 話は変わりますが今日、ラプシャンスキー先生のレッスンを受けましたとてもわかりやすく勉強になりましたもっと練習して、早く外国に行けるよう頑張ります 八田さんコンサートがんばってくださいね そしてコンセルバトワールに寄られる機会がありましたらピアノを聴いて下さい
2009.06.01 Mon l 宮嵜 琴音. URL l 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.06.01 Mon l . l 編集
Re: こんにちは
琴音ちゃんへ
コメントありがとうございます☆
コンサートは無事終わりました。
今回はバッハのトッカータの他に、ショパンのノクターン、バラード1番2番、そして今回は2番のソナタを演奏しました。今までは3番のソナタを弾いてたので、少し新鮮でしたが、とても集中して演奏出来ました。今回は僕の演奏を聴いて涙を流してくれたり、とても感激してくれた方が多かったので、とても嬉しかったです。
ラプシャンスキー先生のレッスン、良い勉強なったようで良かったですね。
ヨーロッパには本当に素晴らしい先生も沢山いるし、良い刺激を沢山もらえる所です。
いつかこっちに来れるように頑張って下さいね。応援してます☆
2009.06.08 Mon l 八田智大. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/44-ffee2e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。