上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!

もう11月に入りましたが、ついにパリも少しずつ冷えてきました。
しかし、たまに天気は良いけど冷えた時にセーヌ河を歩いたりすると、幻想的な世界に入った気持ちになれます。
これから天気が悪く、日の短いパリの冬が始まりますが、パリの街中も徐々にクリスマスの準備が始まってきました。
シャンゼリゼ大通りにはもうイルミネーションの電気は設置されていて、有名大型デパートにはもうツリーが立っています☆
これがもう少し経つと、シャンゼリゼののイルミネーションに光が灯り、デパートに今よりもっともっと大きなクリスマスツリーが立ち、クリスマスムード一色になります。そうなる日が近づいていて、とても楽しみです。

先月は入学試験があった事は以前書きましたが、ピアノ以外でパリでは楽しい催しものがありました。
まずは10月初め、Nuit Blancheと言う、いわゆる白夜のイベントがありました。
この日はパリのあちこちで普段はなかなか入れない建造物の中に入れたり、メトロも特別なラインだけ24時間運行し、夜行バスもでていて、お祭りな感じでした。
僕も友達と夜から出かけ、ポンピドゥーセンターの近くの大きな教会に入りました。
教会の中にも関わらず天井からロープがつらされてあり、そこでパフォーマンスする人や何かグループで勉強したりしてる所などありました。
そこに何故かスポットライトを浴びてカワイさんのグランドピアノが置いてあり、男の人が何か弾いてました。
すると彼は出てきて歩いて行ってしまいました。結局このピアノは好きに誰かがどんどん弾いて良いピアノだったらしいのです。
寮のピアノの友達たちと来たにも関わらず誰も弾きたがらず、「Tomo!何か弾いてやれ!」となりましたが、こんなに人が多いし、ざわついた、しかも教会で何を弾く?と思い、あまり気がならなかったのですが、人気が少し少なくなったところで、せっかくなのでピアノを触ってみる事に。(友達もしつこかったので。笑)
やはりここでは、うるさくなく静かな曲が良いと思い、いつものノクターンを少々…。
すると数小節弾くなり、あっという間に人が集まっていて、みんな真剣に聴いて下さってました。
急に予想もしてなかったことに途中から、緊張してしまいましたが、弾き終わったら暖かい大きな拍手をまらう事が出来ました。
少し古いピアノではありましたが、なかなか味のある音色でした☆
ここが日本ならもしかすると、周りの人の態度もかなり違ったものだったかと思いますが、本当に良い経験と思い出を作る事が出来ました。

そして次に先週の事です。
自分の家のむかえ、歩いて5歩のところに住むオランダ人の女性からの話で、とある音楽の展示会でベーゼンドルファーのピアノを弾いてくれるピアニストを探してる人がいるから、「Tomohiroどう?コンサートでもないから、君が弾きたい曲何でも適当に弾いててくれればいいの」という事で、もちろんタダの仕事じゃないから、との話。
展示会の日も予定は無かったので、気楽に弾いてればいいようなので、OKしました。
でもかなり急な話だったので、何処で弾くのか何時頃行ったらいいのかも知らなかったんですが、当日の朝電話し、ホテルで弾くと知りました。
そして友達を引き連れ展示会の開かれているホテルへ。
そうすると、何年か前に札幌から来た時にみんなで泊まったホテルでした。しかも大きく中は日本のホテルにもありそうな、ちょっと近代的な感じ。
思わぬ懐かしさにひたりながら、会場へ。
そこには色々な音楽再生機やら何やら色々な物が沢山展示されていたり、その機械で音楽を流して聴いていたりしていました。
展示会は既に始まっていたので、そこで弾き始めるのは難しいなーと思ってましたが、係りのおじさんが軽く紹介して下さったので、弾き始める事が出来ました。
この日はオールショパン演奏しました。
今日は好きに気軽に弾けると思いきや、ここでも人はどっと集まってきました!
やはりパリの人々はショパンが好きなのが、ピアノの音が好きなのか知りませんが、また急にお客さんが集まりコンサートの様な感じにみなさんジッと聴いて下さいました。
やはりこっちの方は、何かすると演奏中はどんな場所でも真剣に静かに聴いて下さるのが、さすがヨーロッパなのかなと思ったりもしました。
これまた予想外の事に少々気は疲れましたが、色々1時間半近く弾いて終了しました。
ピアノは今となっては貴重なベーゼンドルファーでしたが、このピアノはかなり鍵盤が軽く少し不思議な感じがしましたが、また新しい方々に自分の演奏を聴いてもらえて良かったと思います。

昨日は話題のSalon du Chocolatに行ってきましたが、この話はまた今度にします。

最後に先日夕方にQuai d'Orsayを歩いて、Pont de l'Almaを渡って見えたエッフェル塔やパリの写真です。もっともっと夕焼けが綺麗な日がたくさんあったんですが、写真を撮るタイミング悪く、これしかありませんが;とても美しかったです。
DSCN6153.jpg DSCN6158.jpg DSCN6163.jpg DSCN6169.jpg

ではまた!
スポンサーサイト
2008.11.03 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/33-eef81cf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。