上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!

ここ数日良い事が続いてる僕です!

この間の日曜日の事です。
今月初め、地方でサロンコンサートで演奏した時に、フェスティバルと関係して働いてらっしゃる女性が聴きに来て下さっていました。その女性が非常に僕の演奏を気に入って下さいまして、今度フランス人のピアニストを紹介して会わせたい、と言う嬉しい話がありました。
勿論、そんな素晴らしい話は断るはずもありませんので、日曜日に会う事になりました。
日曜日彼が出演する、これまた地方の演奏会の前に会う事になり、知り合いのご夫婦の車に乗ってその町まで行きました。
DSCN5095.jpg


DSCN5099.jpg

そして紹介して下さる女性やピアニストや周りの方々と色々な話をしました。
でもそこにはピアノは無く、直接そのピアニストには僕の演奏を聴かせる事が出来ないかもしれないと聞いていました。
演奏会が終わり、そのピアニストと話をしているとステージにあるピアノで「弾いていいよ」と言われ、やはり1曲披露。ショパンのバラード1番。
冒頭部分は久しぶりに指が緊張のあまり、少し震えていました。
既にステージの片づけをしたり、他の人たちは知り合い同士でお喋りしたりして、初めは騒々しかったのですが、曲が進むにつれいつの間にか皆静まり返って、最後まで演奏を聴いていてくれました。
弾き終わると、聴いていてくれた方々が熱い拍手。
ピアニストの彼もみんな非常に感激して下さって、本当にこんな機会をもらえて幸せだと思いました。
そしてやっと最近になって、自分の演奏が多くの方々に共感してもらえる様になってきたのかなと、思えてきました。
この演奏のお陰で、と言うかこんな貴重な機会を頂いけたお陰で、今年はいくつか演奏会が入りそうです。来年の年明けも地方でリサイタルが出来る予定だそうです。

ですが、まだ詳しい話が決まっていないので、はっきりした報告はまだ出来ません;
そのうち正式に詳しい事が決まり次第、ご報告やピアニストの名前も公開しようかと思います。
この話が上手く行く様に願うのみです。

月曜日は先生のレッスンの後、知り合いがとある最高級ホテルに泊まってて、お茶に誘われたので行ってきました。
ここは知り合いも働いていて、幸せにも以前知り合いの方と何度か泊めて頂いた事がありますが、本当に最高のホテルです。
部屋のテラスからの眺めが素晴らしかったので載せます!
DSCN5104.jpg

そして今日は前回ショパンコンクール優勝のブレハッチの先生であるKatarzyna Popowa-Zydron氏がParisのYAMAHAさんに来ていたので、マスタークラスを受けさせて頂きました。
どんな先生かと思ったら、自分が予想していたのより若く、とても感じの良い方でした。
今回は2時間のレッスンの中でバラード1番と3つのマズルカを聴いて頂きました。
僕の演奏に対しては、とても音楽的で音色が非常に美しいなどと褒めて頂きました。
レッスンは先生もバリバリ弾いて聴かせてくれて、聴衆とのコミュニケーションから始まり、表現の仕方、リズムの取り方など実に様々な事を教えていただいて、あっという間の2時間でした。

ここ3日間は運良く良い生活ですが、明日からも練習して日々精進しようと思います!
スポンサーサイト
2008.04.30 Wed l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/19-26083585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。