上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先ほど、ブラームスのヘンデルの主題による変奏曲とフーガop.24の動画をアップしました。
この曲は全部で30分近くも演奏時間を要する曲なので、結局動画がパート3までになってしまいました。
意外とこの曲を完全にアップしてる方がいなかったので、良い機会だったかと思います。
さてこの動画は2006年、12月にSalle Cortotで演奏した時のものです。
この曲はこれまでに実に様々な所で演奏してきました。
日本は札幌・東京・浜松。海外では、フランス・ポルトガル・ルーマニア。しまいにモロッコでも演奏してきた、色んな思い出のある曲です。
モロッコでは朝一で、この曲を含めリサイタルプログラムで演奏。かと思えば、ポルトガルで演奏した時は夜の10時半からこんな大曲と一緒にプロコフィエフの戦争ソナタ等を弾かなくてはならず、とにかく気持ちをしっかりもって弾いたりと・・・。
長い事なかなか自分で納得行く演奏が出来なかったのですが、去年の夏にルーマニアで演奏した時は、本当に集中して気持ちも盛り上がり弾ききる事が出来ました。
今はその後封印した曲でもあります(笑)。

初めて聴くともしかしたら、ただ長い曲の様に思う方もいるかもしれませんが、25もある変奏は沢山のキャラクターを持った曲達が集まり、徐々に曲が大きくなってきます。
最後はフーガが加わり、ブラームスらしい響きでこの大曲が幕を閉じます。
この動画はまだ色々曲を考えてた頃でもあるのと同時に、パート1のあたりはまだ気持ちが入りきっていない部分も伝わってくるかもしれませんが、最後まだ聴いて頂いて、この曲の良さが少しでも伝わればと思います。

Brahms's Handel Variations and Fuge part 1

Brahms's Handel Variations and Fuge part 2

Brahms's Handel Variations and Fuge part 3
スポンサーサイト
2008.04.19 Sat l 動画.Animation l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/17-e0eff839
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。