上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは☆

今週は、あっという間の1週間でした。

前回の日記に書いたとおり、作曲家の作品を頑張って弾いてきました!
月曜は朝から合わせの時間までひたすら練習。
夕方はビブラフォンと指揮との合わせで、約1日でなんとか仕上げてきた僕にとっては凄くつかみにくかったけど、なんとかリハ終了。
作曲と指揮は中国人の男の子で、ビブラフォンはフランス人の女の子という組み合わせ。
次の日の当日。本番前は1度しか合わせられなくて、本番はいったいどうなるんだおうかと思ったら、なんとか無事終了。
曲の中間部の激しいピアノソロもなんとか弾ききりました!
作曲家の子も作曲の先生も大満足だったようで一安心。
終わったら、色んな人に感心されたけど、こんな急な話もやってみて凄く楽しかったです。良い経験だし、他の楽器と合わせるのは楽しいですからね☆一緒にやった2人も凄い良い人だったって事もあって、曲をうまく作り上げる事が出来たと思います。
演奏後は、作曲の彼が日本食レストラン(と言っても作ってるのは中国人;)へ連れてってくれて、譜めくりの友達も一緒に昼食を食べに行きました。4人そろってサーモン丼(笑)。
料理人は日本人じゃないからサーモンの切り方が雑でデカイ!沢山食べたい僕には最高でした☆
最後はたった2回しか会わなかったけど、一緒にステージで演奏した2人とお別れ。なんだかちょっと寂しかったな~。今度は時間をかけて練習したいです。

その夜は僕の習ってる先生が主催するAnimatoのコンサート。
次の日の水曜日の昼は髪を切りに行って、親切な日本人の方に頂いた美味しいお赤飯を学校で食べ(笑)、レッスン。
その後は買い物して帰宅。日本へ1時帰国する友達を駅まで荷物持ちし、その夜は、こっちで働いてるアメリカ人の方とお食事してきました。

木曜日は午後に学校、そして夜はシャンゼリゼ劇場でのコンサートに行ってきました。
↓映りが悪くて申し訳ないですが、演奏会終了後のホール内の様子。
DSCN5067.jpg

この日行ったのは、チェロはHenri Demarquette、ピアノはMichel Dalbertoの演奏会でした。
プログラムはシューベルトの室内楽用の歌曲の曲とソナタ、そしてブラームスの1番2番のソナタでした。
チェロのこの彼の演奏を聴くのは今回が2回目。Dalberto氏はライブで聴くのは初めてでした。
初めのシューベルトからチェロの歌心が凄い。そしてそれにピアノが物凄く自然に溶け合って、まるで2つの楽器を1人で演奏してるみたいでした。
本当に味の深い演奏で、お客さんもすっかり聴き入っていました。さすがプロの演奏です。
お客さんの数が満席ではなかったのが残念ですが、演奏後はお客さんも大喜びで、帰る気の無いお客さんのためにアンコールは3曲も弾かれていました(笑)。
今回の演奏会にはピアノのルイサダ氏の姿も見かけました。
本当に今回は行って良かったと思えた演奏会でした。
↓1番右でサインしてるのがDalberto氏です。
DSCN5068.jpg

スポンサーサイト
2008.04.19 Sat l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/16-6df32b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。