FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
お久しぶりです。
また1年ぶりの更新となってしまいました。
皆様元気にされていますか?
いつも同じ事を言っていますが、時間が経つのは本当に早い!
昨年2017年はキプロス共和国のパフォスでの演奏から始まり、トルコ・アンカラ、春休みは少しフランスの田舎を1泊車で小旅行。自分が教える2つの学校での教員コンサートでの演奏。
夏は日本で過ごし、父の仕事する大阪、そして両親と広島や京都を観光しました。
秋はアメリカ、ニューヨークとフェニックス近郊で2つのコンサート。11月はインド・ニューデリー、そしてパリ・ポルトガル大使館で演奏しました。
年末年始は札幌で過ごし、年は明け先月1月はパリ郊外でソロリサイタルでした。

ここからは少し写真も載せて簡単ではありますが、書いていきます。

1月キプロス共和国出発前、テレビ局の人がインタビューして家に来ました。これからのコンサートの事等を話ました。
16113311_10158121180395077_381949528933457888_o.jpg 16178394_779170468897097_3354478704037006908_o.jpg

2017年、欧州文化都市に指定されたパフォスはベルリンフィルやアシュケナージなども今年は演奏するそのプログラムの中に僕たちMusicOrbaがこの様な演奏の機会を得ることが出来、本当に光栄に思いました。お客さんがちゃんと入るのかと思った有料のチケットもちゃんと売れ、持って行ったCDも全て売れびっくり!コンサート前から地元のメディアは大袈裟なくらいに大ピアニストが来ると記事にされ(笑)、泊まったホテルもスイートに泊まらせて頂ける事になったりと。とにかく無事に弾き終える事が出来嬉しかったです。
16602474_1394443393959751_8169684419293284084_o.jpg 16463787_10210001965180591_2805347153175921450_o.jpg 16602945_1397300270340730_4075709636344944954_n.jpg 17855442_10211107266750011_902671350146275734_o.jpg

今回は相方リカルドの故郷の市長ご夫妻、文化部長、秘書がポルトガルからキプロスとの関係を深めるため、そして僕たちのコンサートに出席するためにお越しになられました。
16665309_10210536651284981_8497975817483790456_o.jpg 

嬉しいサプライズ!学生時代のラヴェル寮での隣人で、一緒に演奏し、共に楽しい時間を過ごした音楽の友がリハーサル中に思いがけず現れた!何年ぶりかのまさかの再会。現在彼は学校のバイオリンの先生になっていた。会いに来てくれてありがとう。
16665868_10209995116729384_4128670755174428449_o.jpg

コンサート後もポルトガルからの市長さん達と打ち上げ。
16665118_10210034302349000_994023589550445906_o.jpg

トルコ・アンカラでの音楽祭にて。
17390669_10210361728694454_7741258571867729288_o.jpg 17390606_10210363480658252_8113417543879156147_o.jpg 17358614_10158488771970077_439357282453031527_o.jpg

春休み。
ルーブル美術館前にて。
17547023_10210393108318925_9107198530052739441_o.jpg

シャンボール城と、その近くにあったお城にて。イースターの時期だったのでおもちゃの卵を手に持っています!
17972123_10210584390060849_8073166755770122245_o.jpg 17992124_1080741425363218_4927666919916660158_n.jpg

友達の家でロバと友達になりました!と、家から車で20分の丘からの眺め。
17620102_10210450611116459_708958606401135648_o.jpg 18319112_10210784081973022_2313727709431956099_o.jpg

今年もパリのポルトガル大使館に国の大事な日をお祝いする会にまたお招き頂き行ってきました。光栄にもいつもご招待してくれる幸せ、そして目の前で切り落とした生ハムやポルトガルお菓子を好きなだけ食べ、言う事なしです!
18954765_10211052943534393_2706005149613037718_o.jpg

日本へ帰って来てから早速恩師・宮澤先生へ会いに行き、久しぶりに美味しいお寿司をご馳走になり、戻って何か弾いてくれとの事。この時が何よりも緊張する時間!我らの宮澤先生には特に誤魔化しのきかないので、毎回心臓に悪いです。特に先生をガッカリさせたくないのが一番かもしれません。今年古希を迎えられてもまだバリバリ活動されてるお姿に、力を頂きました。
19554879_1528390040515658_6564728886371509443_n.jpg

日本は素晴らしい!昨日も以前から行きたかった厳島神社、伏見稲荷大社へ。日本の旅はやっぱり最高です。何より普段時間を共にする事が出来ない両親といれるのは、幸せいっぱい。元気でずっといてくれる両親に感謝です。
19983588_10211397286982764_7186440985158117174_o.jpg 20045524_10211418525993726_5391048588792384320_o.jpg 21167168_10211762507753055_6028328230541983699_o.jpg

日本で肥えた体を絞るため、フランスへ帰ってきてからジョギングの毎日!
21688430_10211926736298666_1094304348145177885_o.jpg


10月末はアメリカ・ニューヨークへ!アメリカは2度目でしたが、ニューヨークは初めて。テンションが上がりました!
ニューヨークの空港に着いたら相方リカルドのトランクがパリに残ったままと発覚。スーツなども入ってるのに、正直あり得ない。航空会社も明日届けばいいですね、な無責任な対応なので、ニューヨークでは余計な時間と力が使ってしまいました。結局トランクが届いたのは4日後のフェニックスへ経つ日でした;フェニックス行きの予約も勝手に変更されていて出発時間が遅れる羽目に;でもそれ以外は充実した滞在でした!
18156535_10210693550629795_587515590027810867_o.jpg 22769827_10212170865721749_8388098802312672190_o.jpg 22730133_1425815700801306_8688866036857680213_n.jpg

コンサート入り口には僕達手作りの鶴の折り紙もお越し下った方々にプレゼントしました。
22780167_1425815704134639_8315845854066738460_n.jpg

コンサート後の打ち上げ!このコンサートの為に書かれ、初演をした、作曲家のDavid Winklerさんとも一緒。
22829499_10159601240880077_5199702417931829054_o.jpg

約10日間のアメリカ滞在も終盤。ニューヨークに続きフェニックスに来てコンサート終了。家族みたいな友達と再会を果たし、ついこの間まで日本でのコンサートとマスタークラスから帰られたばかりの親愛なるピアニスト カイオ-パガノCaio Pagano氏と貴重な時間を過ごしました。先生は78歳の今も現役バリバリ、音楽を愛し続け、追求し続け、次世代に送るメッセージは本当に心に響く物があります。先生とまた次回お互い元気に会えますように!
23154797_10159615054250077_1744416053351573248_o.jpg 22829581_10159608937965077_4455806231510303674_o.jpg 23157015_10212216697147506_448803513506633013_o.jpg

コンサートの様子を少し。


11月中旬インドで1番重要な芸術祭に呼ばれニューデリーで演奏してきました。
今回は5年前の前回「より」想像もしてなかった事が起こり、もうこの気持ち、叫んでも気持ちは晴れませんが、いつも応援してくれる方々のお陰でコンサートは無事に終了、そして何処の国に行っても、いつもお世話になる世界のポルトガル人に感謝です。今回のフェスティバルでの話など、いつか笑い話びっくり話として本でも出せそうな感じがします(笑)
23509029_10212305438285979_45422943104508989_o.jpg 23561498_1810035185736778_9178294561943903601_n.jpg 23592260_10159683708180077_2640996835964944765_o.jpg 23550127_1265363220234370_3609404329252413002_o.jpg 23559506_10159685914410077_7015138855747102422_n.jpg

クリスマス前の自分の教える学校で生徒の発表会。みんな良く弾いてくれ、先生として鼻が高い!今年も良い気持ちで終えれそうです。この鍵盤の上にあるのは、包み紙を開けてビックリ!ある生徒の一人から貰ったチョコのピアノでした。感激のあまり、ちょっとウルッと来てしまいました。それと、2017年last runの写真!
25542581_10212565646431020_2739299983402373084_o.jpg 25734364_10212586287587036_3242810832018881378_o.jpg

年末年始は家族が揃い、幸せいっぱいな時間を過ごしました。兄家族も来て、今回は僕が甥に一定距離以上近づくとギャン泣きされて、毎回結構落ち込みました(笑)。
年明けまだお正月にも関わらず、僕の恩師・札幌コンセルヴァトワール院長宮澤先生ご夫妻にお声を掛けて頂き、陽子先生の贅沢な手料理と共に、昨年生で聴く事が出来なかった宮澤先生のコンサートの演奏を聴かせて頂きました。
昨年、古希を迎えた先生。先生の音はいつも美しくまろやく、しかし熱く聴く人を魅了する演奏。昔学生だった頃、レッスン中、横で模範演奏してくれた時を思い出し、感無量でした。
音楽・ピアノに対しての敬意をいつも忘れず、70歳になっても演奏し続ける姿は、たかが30歳ちょっとの自分が小さい事で悩んだり、気にしたりする自分に、背中を押してもらえる感じが致します。
10月末アメリカに行った際お世話になった、僕の他の恩師の一人カイオ・パガーノ先生もあと数年で80歳を迎えますが、現在もスタインウェイのアーティストとして現役で活動され、この偉大な自分の先生方の姿を見て、自分ももっともっと頑張らなければと痛感したところです。
26173632_10212684768168989_2160712521738011893_o.jpg

先週日曜日は郊外でリサイクルでした。招待して頂いた方々もびっくりの多くのお客さんが入り、とても幸せな時間となりました。いつか夢見てたショパンのバラード全4曲と、昔トルコのコンクールで朝9時から演奏した思い出の曲の1つ、ラフマニノフの楽興の時6曲を全て演奏する事が出来、反省点は沢山ありますが、経験としても演奏出来、お客さんに喜んで貰えた事は何より嬉しかったです。
26992710_10212828322837766_1840973617005800388_n.jpg 27503726_10212889066556321_5418096252177189514_o.jpg 27787496_10212933282381689_1907382456_o.png

皆様にとって今年も健康第一で素晴らしい年となりますように!
スポンサーサイト
2018.02.05 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://tomohirohatta.blog74.fc2.com/tb.php/113-2e1f4dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。