上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今日は久しぶりにYouTubeに自分の演奏をアップロードしました。

今回の曲は、僕が演奏する作曲家としては珍しい、ラヴェルの亡き王女のためのパヴァーヌです。

この曲は愛してやまない曲の1曲で、いつかちゃんと録音したいと思っていた曲です。

この動画は今年4月に録音したものに、写真2枚を付け加え動画化したものです。
ですので、この時演奏している姿はありませんが、是非ご覧いただければと思います。

Ravel Pavane pour une Infante defunte
スポンサーサイト
2009.07.15 Wed l 動画.Animation l COM(1) TB(0) l top ▲
こんにちは。

今日南フランスから戻ってきました。
南フランス・Mézinで2つのコンサートで演奏し、1つはブラジル人のヴァイオリンの子とファリャの曲を、その後はいつものショパンの3番のソナタを演奏しました。
そして2つ目のコンサートではショパンのコンチェルトの2番をアカデミーオーケストラと一緒に演奏しました。
物凄い沢山集まった聴衆の反応はどちらもとても良く、嬉しい事にスタンディングオーベーションで、長い事熱い拍手を浴び、とても幸せな瞬間でした。
新しい知人も出来、その約1週間共にした知人たちとショパンのコンチェルトを演奏出来た事は、とても思い出深く、素晴らしい経験となると思います。
どちらのコンサートも胸が熱くなるものでした。
今日は片道5時間以上の電車とバスの旅でかなり疲れたので、旅の日記はまた今度書けたら書こうと思います。

今週は木曜日からポルトガルへ行ってきます。
もう3度目のポルトガルですが、今回は知人のピアニストのレッスンを受けに大学へ行く予定です。
そのピアニストが、僕の演奏をYouTubeで聴いて、是非お会いしたいと嬉しい言葉をかけて頂いたので、喜んで行ってこようと思います!

今回の動画は、今回Mézinに滞在中、町の中心の大きな教会をたまたま友達と夕食後通りかかった時に、歌声が聞こえてきたのでその際撮った動画です。
この教会はコンサートも開かれた、街の中心にある大きな教会です。
このコーラス隊は今月コンサートに向けてリハーサルをしていたそうです。
夜中に聞こえたこの歌声は、涙が出るほど美しいものでした…。
動画とは言っても、夜中で電気も少なかったので画質は酷いですが、是非聴いて頂ければなと思います。

それではまた。


2009.07.13 Mon l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。