上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!

最近のパリは全く夏ではなく、もう既に秋という感じの天気と気候。
一昨年の夏は結構暑かったと思ったのに、去年と今年は夏と感じる事が出来た日は、ほとんど無かった様に思います。

ニースから帰ってきてから、日本からパリに滞在していた友達やニースで知り合った友達などをパリ案内したり、先週は田舎に住んでらっしゃる知り合いのフランス人ご夫婦のお宅へ誘われたので4日ほどのんびりしに行ってきました。
ご夫婦やいつもお世話になってる日仏のご夫婦もご一緒で野原や森を散歩したり、自転車乗ってサイクリングしたり、絵を描いたり・・・と色々してきました。
ある晩は、以前プライベートでコンサートしたお宅でお食事会で、いつも僕を支えてくれている方々と温かい時間。
そこの親子が自分で作った詩を朗読したり、僕はピアノを弾いたりして、楽しみました。気持ちが良かったので、「上を向いて歩こう」とかも弾いてみました☆
皆さんいつもとても親切で、本当に自分は幸せだなとつくづく感じてしまう滞在でした。
ずっと田舎でのんびりしていたい気持ちでした。

さて、以前の日記にも書きましたが、先月末から行っていた南仏の写真をまとめて載せようと思います。文章を書くと書ききれないので簡潔に・・・。
まずはエズという村の写真から。
DSCN5669.jpg DSCN5661.jpg DSCN5663.jpg DSCN5672.jpg DSCN5703.jpg DSCN5676.jpg DSCN5688.jpg
ここからの眺めは絶景!
DSCN5689.jpg 
観光中なので、身なりはあれですが、小道がどこも綺麗だったのでのせてみます。
DSCN5705.jpg DSCN5710.jpg


ここからはモナコです!港と高級ホテルと右側が有名なカジノの横顔。そしてカジノの前の広場。
DSCN5765.jpg DSCN5771.jpg DSCN5776.jpg
カジノの入口と正面。
DSCN5786.jpg DSCN5778.jpg
旧市街へ登って・・・そこからの眺め。そして最後はモナコの海にも入りました!
DSCN5915.jpg DSCN5917.jpg DSCN5935.jpg


最後はカンヌです。
DSCN5817.jpg DSCN5819.jpg DSCN5832.jpg
映画フェスティバル会場の有名な階段です。有名アクターなどに混ざってあった、この手形は・・・(笑)。
DSCN5852.jpg DSCN5847.jpg DSCN5874.jpg DSCN5882.jpg
丘の教会にのぼると、これから結婚式が始まるというところで、花束を持った女の子達がいました。
DSCN5886.jpg DSCN5883.jpg
新婦さんをのせた車到着。車に花とかで飾るのが、フランスの伝統という感じ。
DSCN5896.jpg
新婦さん登場!物凄く美しかったです。この入場の時、関係ない僕ですが、僕までジーンとしてしまいました。
DSCN5894.jpg DSCN5895.jpg
丘からのカンヌの眺め。
DSCN5889.jpg

かなり沢山写真載せてしまいましたが、これでも厳選しました;
フランスは何処も美しい国だなーと実感した旅でもありました。
また機会があれば南フランスへ行きたいです。

ではまた☆
スポンサーサイト
2008.08.24 Sun l 日記,Diary,Journal l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!

もう8月ですね。
ずっとブログを更新しようと思いつつ、もう前回の更新から1か月も経ってしましました;

まず7月14日は有名なフランスの革命記念日で、午前中はシャンゼリゼで軍事パレードをテレビで観賞、午後は戦車などがパリの街中で見れるとの事で、少し散歩。夜は有名な花火がエッフェル塔からあがるので、また友達と見に行きました。
今年はエッフェル塔ではなくむかえのトロカデロ広場から上がりました。去年より大きな花火が次々と上がり、特に今年はなんだか色使いがとても幻想的に見えて、素晴らしかったです。

そして別の日。この夏同じ札幌から留学していた友達が完全帰国する事になり、札幌から他にも留学している子もいたので、3人で海へ行ってきました!
場所は以前にも少し書いたことがありますが、ノルマンディーの海に面したエトルタという町です。
DSCN5551.jpg
DSCN5568.jpg

色々な画家が描いた、エトルタの岸壁をまた見るために崖を登ったり、大自然を体感して来ました。
この日は真っ青の空で、気温も午後にはぐんと上がり、途中からフライパンで焼かれてる位熱く感じましたが、久しぶりに余計な事を忘れてのんびりとした時間、そして何度見ても感動する岩を見れて、また行けて良かったなと思いました。

そしてその後、7月末から8月にかけて、南フランスのニース国際アカデミーに参加しに行ってきました!
僕は南フランスに行くのは初めてで、こんな夏のヴァカンス期間にリゾート地であるニースに行けて本当の嬉しかったです。

マセナ広場から。
DSCN5609.jpg
旧市街で。
DSCN5629.jpg

アカデミーは町の中心部から離れていて少し不便な時もありましたが、ニースのコンセルヴァトワールの建物はまだ新しく、現代的な建物でした。
練習室も暑くなく快適で部屋も沢山あり、練習に困る事はありませんでした。
僕の今回レッスンして頂いたBilly Eidi(ビリー・エイジ)先生はレバノン系フランス人ピアニスト。コンセルヴァトワールのパリ国立地方音楽院とリヨンの国立高等コンセルヴァトワールで教えられている方で、現在もあちこちで演奏会もばりばりしながら、日本や韓国までもマスタークラスで行かれたりもする方です。僕は以前から何度かお会いした事もあり、自分のピアノも聴いて頂いた事もある方でしたが、アカデミーで毎日内容の濃いレッスンして頂き、感激の毎日でした。
先生のレッスンは、非常に細かく奥深い部分まで追求し、そして物凄く繊細。
それに加え先生はいつも穏やかで、紳士。どんな生徒にも親切で、最終日は自分のソロリサイタルがあるにも関わらず、最後の最後まで熱心にレッスンしてくれました。
こんなに良い先生なので、先生に習った子たちはみんな先生が好きになってしまう程です(笑)。
クラスみんなで朝食ピクニックしたりもして、楽しかったです☆

アカデミー以外では初めての地中海を見て、ニースの海に入ったり、時間を見つけて、モナコへ2回行き、カンヌ、そしてエズという村へも行きました。
その時の写真などは今度改めて書くことにしますが、毎日太陽が出ていてどこも暑かったけど、どこも美しい所でした。

ニースの山から。
DSCN5719.jpg

南仏の人はパリの人とは違い、明るくとても親切でした。

今はまだ疲れが取れないので、ゆっくり休むことにします。
ではまた☆
2008.08.09 Sat l 日記,Diary,Journal l COM(8) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。