上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは!
前回のブログから約2か月・・・・・・その間、ビックリするくらい「狂った」毎日でしたが、やっと普通の生活に戻りました。
今年度も無事終わり、明日から日本へ一時帰国です。この半年は沢山の事をして、無事に終える事が出来、また次のプロジェクトへ前進のみです。日本では私と家族にとってとても大事な節目を迎えようとし、自分のまた新しい方向へ準備とついでに栄養補給を兼ねて充実した滞在となりそうです。今日は先日パリで録音した物から1曲、ラフマニノフの楽興の時5番をアップしました。
日本滞在中にきっとブログを更新予定です。お楽しみに!
おやすみなさい☆

スポンサーサイト
2014.06.29 Sun l 動画.Animation l COM(0) TB(0) l top ▲
去年ポルトガルの''TEDxFeira''(世界的講演会とでも訳すのかな)で相方リカルドとMusicOrbaとして演奏した時の映像が一般公開されました。
この時は芸術家Mafalda Cruz氏との映像との共演でした。芸術家であって音楽家ではない彼女に、以前のスロベニアでの私達のレコーディングと演奏曲であるラヴェルのマ・メール・ロワのあらすじを送り、そこからインスピレーションだけで創り上げた映像です。大スクリーンで映し出された彼女の映像は本当に美しく、そして遊び心もたっぷりのもので、さすがアーティストの作品でした。
このステージは私たちMusicOrbaの2人とMafalda Cruz氏の計3人の「作品」で、ただのよくある写真やパソコン動画などと一緒に演奏した訳では無いこのステージでの時が、結果として本当に素晴らしいカタチとなる事が出来たと思います。
録音の質はこの通りとってもホールの雑音全て取ってしまった録音なので正直非常に悪いですが、それでも良い所が少しでもこの世界が多くの人に伝わればと思います。

2014.03.05 Wed l 動画.Animation l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!

今日のパリは急に気温が25℃位まで上がったそうで、とても暑い1日でした。
久しぶりに太陽の光を体で浴びる事が出来て、気持ちが良かったです。


さて昨晩は僕が去年から教えている学校の先生方と、街の教会でコンサートでした。
今年は予想外にも(笑)市長さんご夫妻をはじめ、多くの方々にお越し頂きました。
自分のソロに加え、ピアノのもう一人の先生と連弾やヴァイオリンの先生と共演したりしました。
いつも何かとバタバタの毎日で、このコンサートの日はいつも通りもう一つの遠くの学校へ教えに5時45分おき。
コンサートのある日はお昼までいつも寝てパワーを充電するのですが今回はそれが出来ません。この日に限ってお腹の調子がイマイチ、そして眠たい…。
お仕事は途中で切り上げ家で5分だけ横になるために急遽帰り、シャワーを浴びて急いで教会へ。
本番で集中出来るかが1番心配でしたが、今回はこの国ではちょっと珍しい新しいヤマハの上質のピアノが置いてあり、気持ちよく演奏させてもらいました。
今回はその中からいつか演奏したかったラフマニノフのプレリュードの演奏を動画にしました。
最新型のiPadで録画したものの、パソコンで処理したら映像は何故か汚くなりましたが、演奏は問題なく聴いて頂けると思います。
どうぞ宜しくお願いします。

それではまた!


2013.04.14 Sun l 動画.Animation l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは!
珍しく前回の更新から1か月以内の更新となります。(笑)

こちらは気候がころころ変わり、大雪だった時もあれば、急に暖かくなり、そうかと思えばまた寒くなり…。
それでも日の長さが明らかに長くなって、昼間が長くなりました。

早いものでもう2月に入り、こちらフランスでは年度の半分を終えました。
9月中旬か下旬からだいたい学校が始まり、6週間のあとなんと2週間のお休みがあり、そのあと6週間学校があり、そのあと2週間休み。1月2月の8週間の学校を除けば、あとは6週間学校へ行けばあっという間にお休みとなるんだから、国の違いを感じます。6月下旬から9月初旬までは長い休みなので、合計約30週、年間で学校に行くことになります。
今年度は去年から教えている学校に加え、もう一つ違う学校でも働き始め、あっという間に過ぎる毎日です。

今日は新しい僕の動画をご紹介します。
パリ・サルプレイエルでの初演奏の動画です。このホールは1839年に出来、現在では2000人入る由緒あるホールです。
映像はフランス3で放送されたものです。
これは2010年の2月の演奏で、2010年のショパン生誕の年を記念して行われた大きなイベントでの演奏で、もう3年前になります。この時期、色んな事があり、酷く落ち込んでいた時期でしたが、この大舞台で演奏出来たのが夢の様でした。
このコンサートで使用されたショパンも愛用していたピアノ・プレイエルで、なかなか触れる機会の少ないピアノで演奏出来たのも素晴らしい経験となりました。
今聴いても、何度聴いてもこの演奏は自分自身緊張が伝わってくる演奏ですが、是非、皆様に聴いて頂ければ嬉しいです。



そしてもう一つ。僕とリカルドのピアノデュオ、MusicOrbaの為に捧げられ、去年インドでの最初のコンサートで世界初初演した曲が、この度ドイツの出版社からその楽譜が一般発売されました。光栄な事です。
この場を借りてご報告します。
partition.jpg

いつもブログを読んで下さっている方々、ありがとうございます。
それではまた近いうちに!
2013.02.10 Sun l 動画.Animation l COM(1) TB(0) l top ▲
こんにちは。
先週無事スロベニアから戻ってきました。
パリは急に気温があり、むしむしした気候が続いています。
スロベニアでのお話はまた次回改めて書きます。

今日は久しぶりに自分の演奏をYouTubeにアップしました。
演奏は去年4月ポルトガルの国営ラジオでコンサートの録音からのものです。
曲はシューマンの「謝肉祭」。曲全部で30分程この曲を初めて人前で演奏したのがこの時です。
自分の演奏がライブで世界中の人が聴けると思うだけで、とても緊張していたのを覚えています。
普段は問題「暗譜」。もし途中で思わず頭が真っ白になったらどうしようと、不安をその時の親愛な師匠ビリー先生に「どんな偉大なピアニストでも、ライブで暗譜忘れる事はある」から、思いっきり弾いておいで言ってくれたのがとても力になりました。

動画は一つ目はこの「謝肉祭」から、僕の愛してやまない3曲。
二つ目は曲の最後の部分です。

多くの方に聴いて頂けると、嬉しいです。
宜しくお願いします。



2012.07.27 Fri l 動画.Animation l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。